一般財団法人 全国消防協会

平成29年 年頭の辞

一般財団法人 全国消防協会について

 平成29年の輝かしい新春を迎え、会員の皆様をはじめ、全国の消防関係者の皆様に謹んで新年のお慶びを申し上げます。
 皆様には、平素から一般財団法人全国消防協会の事業運営につきまして、格別のご支援とご協力を賜り、厚く御礼を申し上げます。
 さて、昨年の国内における災害状況を顧みますと、4月に発生した「平成28年熊本地震」、8月以降に相次いで上陸した台風、また10月に発生した鳥取県中部の地震など、日本各地において自然災害が猛威をふるい、広範囲にわたり甚大な被害がもたらされ、多くの尊い人命と貴重な財産が失われました。
 また、熊本県の阿蘇山では36年ぶりの爆発的噴火が発生し、噴火警戒レベルが3に引上げられるなど、火山の噴火等の活動に対する警戒活動も引き続き行われているところであります。
 さらに、12月末には、新潟県糸魚川市で140棟以上が焼損する大規模な市街地火災も発生したところです。
 一方、国外に目を向けますと、フランスのニースをはじめ、世界の大都市においてテロによる災害が発生する中、国内においてもラグビーワールドカップや東京オリンピック・パラリンピック等の国家的行事の開催を控え、国民からは国内におけるテロ等による災害発生時における消防の的確な対応力の強化が強く求められています。
 当協会といたしましては、会員である全国の消防職員の皆様が、大規模・複雑多様化する災害に的確に対処し、地域社会の発展に貢献され、住民の負託に応えられるよう、本年も消防救助技術の向上及び強化を目的とした全国消防救助技術大会の開催をはじめ、消防職員の知識や実務能力の向上のための消防実務講習会の実施、円滑な消防活動等をより安全に行うための消防機器等の改良・開発の研究奨励など、各種事業を推進してまいります。
 加えて、当協会では、消防職員とその家族のための福利厚生事業として、全国約16万人の消防職員というスケールメリットを活かした団体保険事業も積極的に推進しているところであり、日々職務に精励されている皆様方の職場と日常生活の安心をサポートさせていただく所存です。
 会員の皆様におかれましては、地域住民が安全で安心して暮らせる社会を実現するため、より一層職務に精励されるとともに、当協会の各種事業を継続的かつ有効にご活用いただきますようお願い申し上げます。
 結びに、会員の皆様のますますのご健勝とご多幸、そして何より、本年が災害のない平穏な一年でありますことを心からご祈念申し上げ、年頭のご挨拶とさせていただきます。

ページのトップに戻る

本文はここまで。以下ナビゲーションなど